イベント

【めぐろバレエ祭り】「ラ・バヤデール」よりニキヤの花かごの踊り講習会を開催!

今夏、《めぐろバレエ祭り》で開催します!

 作品&役柄解説レクチャー付き

おとなにしか踊れない!ヴァリエーション・レッスン

~「ラ・バヤデール」よりニキヤの花かごの踊り~

 

photo:Bernd Weissbrod

 

バレエには、人生経験や、それゆえの感情のゆたかさといった“おとなの成熟”がなくては表現しきれない作品があります。

 

その動き、その振付に込められた意味とは何なのか?

その踊りに込めるべきヒロインの感情とはどういうものか?

 

それらを深く理解して踊れることこそ、“おとなバレエ”ならではの良さであり、醍醐味ではないでしょうか。

 

そんな“おとな”の長所を最大限に引き出すためのヴァリエーション講習会を、今夏の《めぐろバレエ祭り》で開催いたします。

 

みなさまに挑戦していただくのは、『ラ・バヤデール』第2幕より〈ニキヤの花かごの踊り〉です。

 

『ラ・バヤデール』といえば、ご存じ、古典バレエ界隈きってのドロドロ泥沼愛憎劇として知られる名作。

なかでもこの〈花かごの踊り〉は、愛を誓ったはずの男が、いままさに自分の目の前で別の女性と結ばれようとしている――という場面で踊られるヴァリエーションです。

胸が張り裂けそうな哀しみと切なさと絶望と愛を、全身で表現するヒロイン、ニキヤ。

その極めてドラマティックな踊りを舞い終えると、彼女は花かごのなかに仕込まれていた毒蛇に首筋を咬まれ、息絶えます。

 

……はい。これはもう、おとなにしか踊れません

 

この踊りを教えてくださる講師には、東京バレエ団のプリンシパル、川島麻実子さんをお迎えいたします。豪華!!!

photo:Nobuhiko Hikiji

 

たおやかな女性らしさ、おとなの成熟をたっぷりと表現できるバレリーナである川島さんは、何しろニキヤ役もガムザッティ役も演じられた経験をお持ちの方。

作品やそれぞれの役どころの解釈などについてもぜひ伺ってみたい……ということで、レッスンの前には、〈作品&役どころ解説〉のレクチャー(トーク)もしていただきます。

 

 

通常の“ヴァリエーション・レッスン”とはひと味もふた味も違う、今回のワークショップ。

ご興味はあるのに、

「やってみたいけど恥ずかしい……」「難しそう……」「私にはきっと無理……」

等々、なかなか勇気が出ない方がいらしたら、どうぞご安心ください。

この踊りはなかなかの長尺だということもあり、ご参加のみなさまには、事前に川島さんの実演による〈予習動画〉をご用意いたします。(詳細は下記参照)

 

お申込みは61日(金)21時よりスタート。

お申込み多数の場合は抽選となります。

下記要領をお目通しいただきまして、ぜひご応募ください!

 ***

【日時】 2018年8月22日(水)19:00~21:15(2時間15分)

【会場】 めぐろパーシモンホール 小ホール

【講師】 川島麻実子(東京バレエ団 プリンシパル)

【内容】

川島麻実子さんによる作品&役柄解説レクチャー(約20分)

バー・レッスン(約30分)

ヴァリエーション・レッスン(約80分)

※最後に講師を囲んでの記念撮影を行います

《予習動画》のご案内

〈ニキヤの花かごの踊り〉は、蛇に噛まれて絶命するところまで踊ると7分ほどにもなる長い場面です。

当日、「振りを覚えるだけで終わってしまった……」とならないよう、今回は事前に講師の実演による《予習動画》をご用意いたします。

参加が決まった方はぜひそちらをご覧になって、踊りの雰囲気や振付の流れをざっくりとつかんでおいてください。

そして当日は“踊ること”だけでなく“演じること、表現すること”の楽しさにも触れていただけますと幸いです。

 

【対象】 18歳以上、バレエ歴1年以上

※バレエシューズでもトウシューズでも、どちらでもご受講いただけます

【定員】 35名

【受講料】5,000円

【お申込み締切】 6月30日(土)まで

 

こちらからお申込みください↓ ※6月1日(金)21時より受付開始

お申し込みフォーム

 

※お申込み多数の場合は抽選となります

※抽選になった場合は、ご参加いただける方にのみ、7月6日(金)までにEメールにてご連絡させていただきます。そちらのメールをもって当選発表にかえさせていただきます

※お申込みの方は、info@on-pointe.co.jp からのEメールを受信できるよう設定をお願いいたします

 

【主催・お問合せ先】

有限会社オン・ポワント

Email info@on-pointe.co.jp

イベント募集中

【「ジゼル」レッスン】 リクエストシリーズ、開催決定!!

あの楽しさ、あの感動をもう一度…!

「ジゼル」レッスン リクエストシリーズ、開催決定!!

 

2018年1月~3月まで3ヵ月にわたり開催しました、おとなバレエの定期講習会「ジゼル」レッスン~名場面の踊りと演技を学ぶ~

全12回を通して得た素晴らしい学びや大盛り上がりのレッスンの様子は、毎回のレッスン終了後にすべてブログに書きつけてご報告してまいりました。

 

もともとは受講者のみなさまの“バレエノート”の代わりになれば……とひっそり書き始めたブログでしたが、受講されていない方々からも、「私も受けてみたかった!」「途中からでも受講できませんか?!」等々のお声を多数いただくという意外な反響が!

 

また、実際に受講してくださったみなさまからも、「あのヴァリエーションをもう少し踊り込んでみたかった」「できればもう一度練習する機会がほしい」といったご要望もたくさんいただきましたので、ならばいっそ、受講者のみなさまにとってはリベンジ(?!)の機会となり、受講されなかったみなさまには当講習会の楽しさを体感していただく機会となる時間を作りましょう! ということで、企画いたしました!

 

「ジゼル」レッスン、リクエストシリーズ!!!

 

開催は5月と6月に1回ずつ。

レッスン内容は、

①(5月26日)2幕よりジゼルのソロ(アダージオの部分)

②(6月30日)2幕よりウィリ達の群舞(登場~“象の行進”のくだりまで)

となります!

そして講師はもちろん、ご存じ高木綾先生&高橋竜太先生です……!

 

これらの2場面は、受講者のみなさまにご回答いただいたアンケートで「もういちどトライしたい踊り」として最も多く票が集まったもののうちの2つです。

(すごく正直に言いますと、《花占いの場面》や《ジゼルとアルブレヒトのパ・ド・ドゥ》などもすごく人気が高かったのですが、これらの場面は男性ゲストダンサーがどうしても必要なため、さすがにリクエストは難しく……><)

 

は、第9回(3/3)で学んだ、とても静かで、美しくて、哀しいソロです。

綾先生が、

「ここはね、すごく哀しいソロなんです。

なぜかというと、ジゼルにはきっと分かっているから。

この夜が終わったら、自分は土の中に消えてしまうのだということも、

だからこれが、彼と一緒にいられる最後の時なのだということも」

ということを教えてくださった、あの踊り。

みなさま、踊りながら涙が出てくるような感覚を、ぜひ味わってみてください。

(詳細はこちらのブログでどうぞ)

 

またのほうは、第3回(1/20)で練習した、これまたぜひぜひ多くの方に体験していただきたい群舞の名場面

ウィリ達が恐~い雰囲気で登場し、二人組になったり床に膝をついてカンブレをしたりといった一連の群舞を踊ったあと、みんなで一斉に左右からザッ、ザッ、ザッ、……とアラベスクで進んできて、すれ違う場面(通称“象の行進”。舞台では観客から拍手がわき起こるコール・ドの見せ場!)までを練習いたします。

バレエを愛する人ならいちどは体験すべき深い学びと大きな興奮を、ぜひ体感してみてください。

(こちらも詳細はブログでどうぞ!)

 

 

と、いうわけで!

 

「『ジゼル』レッスン、参加してみたかったな……」と思っていたみなさま!

「あの踊りをもういちど練習したかったな……」と思っていた受講者のみなさま!

 

「ジゼル」レッスンリクエストシリーズ、下記の要領で参加者を募集いたします。

下記の「お申込みフォーム」から、ぜひお申込みください!!!

 

【日時】

① 5月26日(土)16:30~18:45(2時間15分)

② 6月30日(土)16:30~18:45(2時間15分)

※最初にウォーミングアップとして30分程度のバー・レッスンを行います

★①②両方とも参加ご希望の方は、お申込みの際、《第一希望》と《第二希望》をお知らせください

★どちらか一方のみご希望の方は、《第一希望》の欄のみ入力し、《第二希望》欄は空欄のままにしておいてください

★お申込み多数の場合は抽選となります

 

【会場】 ノア都立大スタジオ

【講師】 高木綾、高橋竜太

【対象】 18歳以上、バレエ歴2年以上の男女
※男性にも女性のパートを練習していただくことになります。予めご了承ください

※バレエシューズでもトウシューズでも、どちらでもご受講いただけます

【定員】 (各回)30

【受講料】 (各回)3,000

【お申込み締切】 5月16日(水)いっぱいまで

こちらからお申込みください↓

お申し込みフォーム

 

※お申込み多数の場合は抽選となります

※抽選になった場合は、ご参加いただける方にのみ、Eメールでご連絡させていただきます。そちらのメールをもって当選発表にかえさせていただきます
※ご参加いただける方には、5月19日(土)までにEメールにてご連絡いたします
お申込みの方は、info@on-pointe.co.jp からのEメールを受信できるよう設定をお願いいたします

 

【主催・お問合せ先】
有限会社オン・ポワント
TEL 03-6801-8071(月~金 9:00~18:00)
FAX 03-6801-8072
Email info@on-pointe.co.jp

 

 

イベント募集終了

【4/23更新】【受付終了】上野の森バレエホリデイ2018《バレエ大学》追加講座のお知らせ

ⓒBill Cooper

 

ゴールデンウィーク前半の4月26日~30日、“バレエの殿堂”、東京文化会館で開催される大型イベント上野の森バレエホリデイ

 

当イベント内での一企画として参加者募集をしております

バレエ大学

ですが、嬉しいことに予想をはるかに上回るお申込みをいただき、急遽会場も変更することに

 

また、4/30開催分の③「プティパ生誕200年! あらためて知る“クラシック・バレエ”の魅力と秘密」は、会場(国立西洋美術館講堂)の収容人数の都合上、お申込みを締め切らせていただきました(当日“飛び入り参加”の受付もございません。予めご了承ください)。

 

この大好評を受け、急遽、講座を追加することになりました……!!!

 

今年はプティパ生誕200年でもありますが、英国の巨匠振付家フレデリック・アシュトンの没後30年でもあることを、みなさまはご存じでしょうか?

 

アシュトンこそは、【上野の森バレエホリデイ】で上演される『真夏の夜の夢』や、5月の英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団来日公演で上演される『リーズの結婚』といった名作を振付けた方。

 

この機会に“英国のバレエ”の特徴や見どころを知り、アシュトン作品をさらに深く楽しむための講座を企画いたしました。

 

会場となる《国立西洋美術館 講堂》は、大好評開催中の「プラド美術館展」入口の目の前という素敵な場所。

《バレエ大学》を楽しんだ後、世界屈指の美術館のコレクションを堪能する……というコースもおすすめです!

※「プラド美術館展」へのご入場には別途入場券のご購入が必要です

 

詳細は下記の通りです。みなさまぜひふるってご参加ください!↓↓↓

 

***

 

アシュトン没後30年!

山本康介が語る“英国バレエの魅力”

~「真夏の夜の夢」&「リーズの結婚」~

※お申込み多数につき、当講座のお申込み受付は終了いたしました。

 

【開催日時】    4月29日(日) 15:00~16:00

【会 場】      国立西洋美術館 講堂 ※東京文化会館の向いの建物です

【講 師】      山本康介(元 英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ)

【定 員】      140

【参加費等】    無料 要・事前申し込み

【内 容】     英国バレエの礎を築いた20世紀の巨匠振付家、フレデリック・アシュトン。“アシュトン・スタイル”と称され、日本でも世界でも愛され続けている彼独自の振付の特徴と魅力を解き明かす60分。

講師には、NHK番組「第45回ローザンヌ国際バレエコンクール」の解説で好評を博した山本康介さんをお迎えします!

 

《プロフィール》 山本康介(やまもと・こうすけ)

愛媛県今治市生まれ。98年英国ロイヤル・バレエ・スクール入学。首席として卒業し、00年バーミンガム・ロイヤル・バレエ団入団。ダンサーとして数々の主要な役を踊るほか、バレエ団公演においても数々の振付を手がける。10年、日本に拠点を移し、振付家や指導者として活躍中。

 

 

 

【申込み方法】
下記お申込みフォームよりお申込みください。
※複数の講座への同時お申込みも可能です!

※お申込み多数につき、当講座のお申込み受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。

お申し込みフォーム

 

 

 

【主催・お問合せ先】

有限会社オン・ポワント

☎ 03-6801-8071(月~金 9:00~18:00)

FAX 03-6801-8072

Email info@on-pointe.co.jp

 

イベント募集終了

【4/23更新】上野の森バレエホリデイ2018《バレエ大学》参加者募集&会場変更等のお知らせ

(写真は「上野の森バレエホリデイ2017」の様子)

JR上野駅の公園口改札を出ると目の前に鎮座している“バレエの殿堂”、東京文化会館
ゴールデンウィーク前半の4月26日~30日、ふだんは公演のチケットを持っている人しか入れないこの劇場の扉を開放して、観る・踊る・聴く・知る・買う・食べる(&飲む)……と全方位から“バレエ”を満喫できるフェス型イベントが開催されます!

その名も上野の森バレエホリデイ】。

★東京バレエ団公演『真夏の夜の夢』『セレナーデ』、金森穣率いるNoism1公演『Mirroring Memories』が上演されたり、
★東京バレエ団のダンサー達のクラス・レッスンやリハーサルを公開したり、
★各種講習会やワークショップを受講できたり、
★“バレエ”をキーワードにしたいろんなお店が軒を連ねる《バレエマルシェ》がオープンしたり、
★大ホールホワイエに特設ランウェイが出現(!)してバレエウェアのファッションショーが行われたり、
屋外ステージでバレエダンサー達がレッスンのデモンストレーションや自作のオリジナル作品を披露したり、
……と、本当にさまざまなイベントを集中開催

第1回目の開催となった2017年には、2日間で来場者数3万2千人を記録
(その賑わいたるや、本当に「え、ここは渋谷の交差点?!」と見紛うレベルでした……)

第2回目となる今回は、さらに期間も規模もパワーアップ
イベント数も内容もスペースも拡大して、何と3日間で8万人もの来場者が見込まれています。

この上野の森バレエホリデイ、弊社も昨年に引き続き企画協力として参画していますが、今年は当イベント内で、

●バレエ大学(バレエにまつわる3つのレクチャー)
●バレエの名曲で♪ 基礎クラス&ピルエット・レッスン(おとな向けバレエ・レッスン)

を開催いたします!

バレエが“大・大・大好き”レベルの方から“うっすら好き…”レベルの方まで、どなたでも楽しんでいただけます。

みなさまぜひご参加ください!

 

 

バレエ大学 (無料・事前申し込み優先)

こんな大学なら通いたい?! バレエにまつわる3つのテーマで日替わりレクチャーを開講します。1つだけ受講するもよし、3日間“皆勤”していただくもよし! ご興味に応じていくつでもお申込みください!

【日時】
①4月28日(土)19:00~20:00
②4月29日(日)17:00~18:00
③4月30日(月・祝)10:30~11:30《受付終了》
④4月29日(日)15:00~16:00《受付終了》

※お申込み多数につき、③④のお申込み受付は終了いたしました。
多数のご応募ありがとうございました。

 

【講義内容】
バレエBAR連動講座! 作品&役柄別“バレエとワイン”の愉しみ方
ダンサーが解説&実演! “パ・ド・ドゥ”の見方
プティパ生誕200年! あらためて知る“クラシック・バレエ”の魅力と秘密 《受付終了》
アシュトン没後30年! 山本康介が語る“英国バレエの魅力”~「真夏の夜の夢」&「リーズの結婚」~《受付終了》

 

【各講義の詳細】
バレエBAR連動講座! 作品&役柄別“バレエとワイン”の愉しみ方
【講師】葉山考太郎(ワイン・ライター)
例えば舞台鑑賞後の余韻に浸るひとときに、あるいは自宅で映像を見ながらリラックスするときに――バレエの“味わい”をより深めてくれるワインの銘柄を、作品や役柄別に教えていただきます。併設の《バレエBAR》にご用意した各種ワインを飲みながら、葉山氏のトークをお楽しみください!
<講師プロフィール>
(はやま・こうたろう)ワイン専門誌『ヴィノテーク』等に軽薄短小なコラムを連載。ワインの年間純飲酒量は 400リットルを超える。これにより、2005年、シャンパーニュ騎士団のシュヴァリエを授章。『ワイン道』『シャンパンの教え』『辛口/軽口ワイン辞典(いずれも、日経BP社)』『偏愛ワイン録(講談社)』等、著書も多数。

ダンサーが解説&実演! “パ・ド・ドゥ”の見方
【講師】三雲友里加(東京バレエ団)/ブラウリオ・アルバレス(東京バレエ団)
ふたりのダンサーによって踊られる《パ・ド・ドゥ》こそはバレエの“華”。しかし「パ・ド・ドゥならではのテクニック」や「素晴らしい踊りは何が違うのか?」など、じつはよく知らないことが山ほどあるのでは?! そこで東京バレエ団で大活躍中のダンサーおふたりをお招きし、実際にテクニックなどを実演していただきながら(!)、パ・ド・ドゥの見方や見どころについてお話を伺います。
<講師プロフィール>
(みくも・ゆりか)7歳からバレエを始める。2010年、東京バレエ団に入団。現在セカンドソリスト。”子どものためのバレエ『ねむれる森の美女』オーロラ姫など主要な役を数多く踊っている。
(ブラウリオ・アルバレス)メキシコ・シティ出身。3歳より母親が教師を務めるバレエ学校でバレエを始める。ハンブルク・バレエ団を経て16年東京バレエ団にセカンド・ソリストとして入団。現在ソリスト。

プティパ生誕200年! あらためて知る“クラシック・バレエ”の魅力と秘密
【講師】ニコライ・フョードロフ(元ボリショイ・バレエ プリンシパル)に決定しました!
“クラシック・バレエの父”マリウス・プティパがフランスのバレエ一家に生まれたのは1818年のこと。生きていれば(?!)ちょうど200歳を迎えるこの年を記念して、《クラシック・バレエ》と呼ばれる作品や踊りの特徴、魅力、そして2018年のいまだからこその楽しみ方や味わい方について教わります。

アシュトン没後30年! 山本康介が語る“英国バレエの魅力”~「真夏の夜の夢」&「リーズの結婚」~

【講師】山本康介(元・英国バーミンガム・ロイヤル・バレエ団)

英国バレエの礎を築いた20世紀の巨匠振付家、フレデリック・アシュトン。“アシュトン・スタイル”と称され、日本でも世界でも愛され続けている彼独自の振付の特徴と魅力を解き明かす60分。講師には、NHK番組「第45回ローザンヌ国際バレエコンクール」の解説で好評を博した山本康介さんをお迎えします!

 

【会場】※お申込み多数につき、②と③は下記の通り会場が変更になりました!
東京文化会館小ホールホワイエ(変更なし)

東京文化会館小ホールホワイエ  ⇒ 東京文化会館小ホールに変更

東京文化会館小ホールホワイエ 国立西洋美術館 講堂(東京文化会館の向かいの建物です)に変更

国立西洋美術館 講堂

 

【事前申し込み】
※当日飛び込みでのご参加は可能ですが(ただし③④は会場の都合により飛び込み参加不可)ご受講人数把握および会場設営準備のため参加ご希望の方はぜひ下記お申込みフォームよりご登録をお願い致します

 

【当日のご入場方法】

(1)お申込みいただきました方は、イベント開始30~10分前までに会場にお越しください。当日飛び入り参加の方よりも優先して、先にご入場いただきます

あらかじめ「整理番号」が付与されている方(3月10日までにメールで整理番号が送られている方)は、ご自身の番号の付いたお席にお座りください

※ご入場の際、お申込み直後に受信された【受付完了】メールをご提示ください

自由席となりますので、良いお席の確保にはどうぞお早めに会場までお越しください!

※また、座席数が満了しますとお立見でのご案内となりますので、ご了承をお願いいたします

 

(2)イベント開始10分前以降は、当日飛び入り参加の方も含めてみなさまを会場にご案内いたします

(ただし③④は、会場の都合により、当日の飛び入り参加はできません。予めご了承ください)

 

【申込み方法】
下記お申込みフォームよりお申込みください
※複数の講座への同時お申込みも可能です。いくつでもご参加ください!

※③④はお申込み多数につき申込み受付を終了いたしました。
 多数のご応募ありがとうございました!

 

お申し込みフォーム

 

バレエの名曲で♪ 基礎クラス&ピルエット・レッスン
(有料・要事前申込み・抽選) ※お申込み受付期間終了

【日時】 4月29日(日)14:00~15:30

【対象】 18歳以上かつバレエ歴1年以上

【講座内容】
バーからセンターまで、レッスン曲はすべて生ピアノ演奏による有名バレエ音楽!
センター・レッスンは、ピルエットなどの回転系テクニックに重きを置いて行います。

【講師】 秋山瑛(東京バレエ団)

【会場】 東京文化会館リハーサル室

【定員】 20名 

【参加費】 2,000(保険料含む)

【お申込み締切】 3月16日(金)必着
※応募多数の場合は抽選となります
※ご参加いただける方には、3月26日(月)までにEメールにてご連絡いたします
※抽選になった場合はEメールでのご連絡をもって当選発表にかえさせていただきます
※お申込みの方はinfo@on-pointe.co.jpからのEメールを受信できるよう設定をお願いいたします

【申込み方法】 下記お申込みフォームよりお申込みください
※「バレエの名曲で♪ 基礎クラス&ピルエット・レッスン」のお申込み受付期間は終了いたしました。

 

お申し込みフォーム

 

【主催・お問合せ先】
有限会社オン・ポワント
☎ 03-6801-8071(月~金 9:00~18:00)
FAX 03-6801-8072
Email info@on-pointe.co.jp